ミクタンってなに?

「mixひとびとtango」(通称ミクタン)は、京都府丹後地方で2009年に産声を上げた地域体験型の交流イベントです。

旅のホストは丹後に暮らす普通の人々。普段はなかなか見られない職人さんの工房や、工場、酒蔵、あるいはごく普通のおうちなどを解放したり、日頃の活動や趣味、得意分野を生かした企画で旅人をおもてなしします。

ちょっとだけ特別な顔をした「丹後のふつう」に触れて、暮らすような旅をお楽しみください。またミクタンでは、ホストも旅人も事務局も、みんなが「ミクタンを作る参加者」ととらえ、体験や交流から発見や気づきを得ることを大切にしています。

旅をする皆さんも、たまたま居合わせた他の旅人や、ついでに立ち寄ったお店の人など、地域の人々とも積極的に交流してみてください。家を出てから帰るまで、そしてイベント終了後にも続く交流までがミクタンです!

ミクタンのはじまりとこれからの話

世界中を飛び回っていた丹後出身の女性ツアーコンダクターが、行き先も食べるものも出会う人もパッケージ化されている旅行のあり方に疑問を抱いて、「旅」の楽しみ方をあらためて考え始めたとき、ある地方の小さな村でひとつの企画に出会いました。

そこにあったのは、歴史を感じながら地域の中を辿り歩いて、現地に暮らす人々と会話しふれあうという体験。「これだ!」と思った彼女が、生まれ育った丹後の地で仲間を集め、各々が素敵だと思うものや場所や人々を巡るイベントを起こしたのがミクタンのはじまりです。

今では、旅人や地域の参加クリエイターたちが、身の周りのものごとに目を向け直して旅や生活の新たな価値を見つける場、新しいことへのチャレンジの場にもなりました。

ミクタンでの体験や出会いをきっかけに想いを事業化したり、仲間たちと気軽にイベントを企画するようになったりと、多くの人々が次の一歩を踏み出しています。

来年10周年を迎えるにあたり、ミクタンは今までの開催経験から今後の丹後地域に必要と考えた3つの事業を軸として、単なるイベントにとどまらない、もう一歩踏み込んだ活動にしようと考えています。

<1>ミクタンパーティ:さまざまな立場の人々が出会い混ざり合う場を設ける交流事業

<2> ミクタンアカデミー:普段の活動や経験をさらに深めたい人の学びの場となる学習事業

<3> ミクタンフェス:楽しく活動の広報をしたり、アイデアや知識を実践できるイベント

詳しくは決まり次第広報していきますので、今後の情報にもぜひご注目ください!事務局(エンジンメンバー)の仲間も募集中!興味ある方のご連絡をお待ちしています。

●ミクタンの運営費について

ミクタンの運営は全て、ミクタンクリエイターによる運営協力費(1チーム6,000円)と、企画の趣旨にご賛同いただいたミクタンパートナー&ミクタンサポーターの方々によるサポート費でまかなわれています。ご協力いただいた運営費はポスターやチラシの印刷・HP作成・事務諸費用として使っております。
ミクタンサポーターは年間を通して随時募集していますので、詳しくはミクタンサポーター募集ページをご覧ください。

●お問い合わせ

メール:info.mixtango@gmail.com
電話番号:090-8094-2693(代表:いちのせ)

●エンジンメンバー

市瀬拓哉(メガネは鯖江です)
長瀬啓二(人生ふろしき広げ隊)
田村麻矢(器用貧乏Lv.4)
丸山 桂(ハリーポッター系教授)
川渕一清(ヒトサライから足洗い)
小林朝子(丹後おいしすぎる問題被害者の会代表)
イノウエタケル(弾き語りカメラマン)
高橋 愛(まだ人妻まな)
植田悠太郎(演劇系公務員)
水口宏城(フランス帰りのウェルカムボード職人)
井上健吾(アングラ系農家)
井上絵磨(Ema.Bread)

●アーカイブ

※ミクパス(チラシ)のPDFファイルが開きます

2009年(表) 2009年(裏)

2010年(表) 2010年(裏)

2011年(表) 2011年(裏)

2012年 ※準備中

2013年 ※準備中

2014年

2015年

2016年